HOME お客様の声 > 東内勉さん

 

◇続・東内勉伝◇

 

剣道、阿波人形浄瑠璃、人形師

獅子奮迅の大暴れ

文武両道の人生

 

著者:屋根総合センター東内つとむ商店

   創業者 東内勉さん

 この本はなぜ「続」なのかというと、37歳の時すでに「東内勉伝~隠れた昭和の孝士」が発刊されていたからです。この度「父に続編を出版させてあげたかった」という2代目社長・東内守さんの勧めによって、41年の歳月を経て続編が発行されました。

 東内勉さんは屋根総合センター東内つとむ商店の創業者ですから、仕事にかける情熱は並大抵ではありません。自らが経営する事業を成長させるべく日夜仕事に励み熱中しました。しかし、仕事だけで終わらないのが東内さん。家庭はもちろんのこと、剣道教士7段、柔道初段、阿波人形浄瑠璃「駒三座」座長、人形師「人形鬼弁」(木偶人形500体制作)、阿波踊り、日本舞踊、浪曲、俳優、ゴルフ、旅行…と、おまけに大病まで患いましたが克服し、まさに獅子奮迅の大暴れ。昭和~平成時代を舞台に、夢を追い続けた永遠の少年、熱い熱い物語が一冊の本になりました。

 

 出版後は「お世話になった人達に読んでもらえて、なんだかホッとして肩の荷が降りました。多くの人の名前や写真を掲載したら、載っている人に喜んでもらえたのも良かった。この本は私の宝物です」と東内さん。