HOME お客様の声 > 本田耕一さん

 

 

◇還暦自分史 『本田のほんだ。』◇

 

還暦の誕生日に出版記念パーティー

瀬戸内寂聴さんから

帯にメッセージ

 

著者:本田KOICHI商店代表

   本田耕一さん

 昭和30年代の徳島市川内町に生まれ、戦争を知らない平和な時代を自由にしたいことをしてきた本田さん。いつも人のためを考え、ボランティア精神で行動し、豊かな自然環境や平和を愛する活動に幅広く取り組んできました。

本書には、幼少期から始まり、大学卒業、就職、徳島での地域活動、地方議員としての歩み、無農薬有機稲作の取り組み、「やまびこコンサート」などボランティア活動、そしてALSと闘った父親のことを、本田さんらしく真っ直ぐに、テンポ良く書いています。

還暦自分史を出版すると決めたとき、まず「還暦の誕生日に出版記念パーティーをする」と会場を予約したほどの行動派。それから始めた原稿書き、発行日までの約10ヶ月は、仕事の合間に時間を見つけるという大変さでしたが、着実に書き進めました。

 

「書くのが面倒になった時期もあったけれど、本が出来上がったときの喜びは格別でした。印刷直前になって、寂聴塾の1期生であるというご縁で作家の瀬戸内寂聴さんから帯に原稿をいただき、そのときは感動しました」「この本はAmazon等で販売していますが、書き込まれた数々のレビューを見て嬉しかったです。何度も読み返しました」と出版の喜びを語ってくれました。