HOME お客様の声 > 岡田幸助さん

 

◇◇◇太陽と緑とウッディライフ◇◇◇

 

創業60年、戦後70年の

節目の年に山と木と木材業界に愛をこめて

 

著者:株式会社ゲンボク

   山一興業株式会社

   取締役常任相談役 岡田幸助さん

 木材業界や徳島経済界を常にリードしてきた岡田幸助さんの著書。平成5年に『千樹愛山』として山と木を愛する思いを発刊しましたが、22年ぶりに平成を中心にキャッチフレーズとして訴えた『太陽と緑とウッディライフ』として、一冊にまとめました。

 本書で岡田さんは、日本経済をも大所高所の観点から向き合っていて「戦後70年という大きい節目の年に日本経済を振り返ると、前半は経済大国にのぼりつめた“成功の35年”であり、後半は先進国でもっとも厳しい構造調整に苦しんだ“苦悶の35年”である」と書いています。

「新春の賀状」のページではその年を振り返って解りやすく要約し、激動の平成の歴史を見事に映し出しています。また、徳島県木材買方協同組合の「組合だより」に掲載された年頭あいさつ、経済団体の新年あいさつ、そして36年務めた徳島県経営者協会会長の年頭あいさつでは、各時代を厳しくも愛情をもって見つめています。

 

 完成した本を贈呈すると、多くの方からお礼状や感想をいただいてそれが何より嬉しかったそうです。業界新聞の「日刊木材新聞」にも本書の発刊が掲載されました。「こうして本にするには、日ごろから心がけて記録を残しておくことが大切。一冊の本として残すことは有意義です」と語ってくれました。