HOME 著者の声 > 山地真人さん

 

◇中小工事会社が激動期を生き抜いたエキス

 

会社成長の過程で襲われた[試練]

そして[想像を超えた歓び

戦う経営者と幹部に捧げたい

  

著者:三和電業グループ

   代表取締役 山地真人さん

 

三和電業グループは年商80億円規模、社員数200人超、電気・空調等の全ての設備工事分野をはじめ、プラント設備・FAシステム・特殊空調システム等の先端技術を中心に、国内及び中国において幅広い分野で活躍しています。

本書は、2代目社長となった著者・山地真人さんが、会社成長の過程で「どの様な試練」に襲われたか、その劇的とも言える試練と、生き抜いたエキスをありのままに語り尽くしています。

本の構成は、見開き2ページ完結型パターンとなっていて、誰もが読みやすくレイアウトされています。第15章、総216ページの新書判。

「今、激動の建設・設備工事業界で、日々戦う中小工事業の皆さんの近未来が少しでも“元気ハツラツになって欲しい”この一心で三和のエキスの全てを公開します」と山地社長。業界は違っても、重責を背負い東奔西走する経営者や幹部の皆さんが読めば、会社成長のヒントと明日への活力が得られるに違いありません。何より「試練と危機と歓びが、会社を強くする」と語る山地社長の熱い気持ちに触れるだけで勇気がもらえる、本格的ビジネス新書です。