HOME お客様の声 > 中野統夫さん

 

◇夢に向かって仲間で育てた「百姓一」◇

 

徳島県初の直売所

『百姓一』の仕掛け人

仲間と力を合わせたからできた

 

著者:石井『百姓一』

   相談役 中野統夫さん

著者の中野さんは、名西郡石井町の酪農家の長男として生まれました。21歳で一家の中心になり「家族を幸せにしなければならない」という使命感を抱きます。しかし、借金だらけの酪農経営、立ちはだかる融資の壁…それでも、意外と気楽に楽しく生活していました。

55歳で徳島県内ではまだ前例のない農産物の直売所に関心を持ち、農家の仲間を集めて企画、運営、生産の全てを行うことを思いつきます。中野さんはいつも「みんなでオーストラリアへ行こう」と夢を語って実現。カナダ行きも北欧行きも仲間と力を合わせて実現しました。「何があっても、人生は楽しく過ごしましょう」とは中野さんからのメッセージです。

 

中野さんがこの本を書いていることは、家族にはほとんど気づかれなかったそうです。何故なら、いつも車の中でノートを取り出して書いていたから。「みんな、文章は苦手と出版を躊躇する人もいるかもしれませんが、自分の記憶にあることだから意外とスラスラと書けるものですよ」と中野さん。出版してからは、同級生から電話がかかってきたり、学校の先生からハガキが届いたり、知らない人から感想をもらったり嬉しいことが多かったそうです。何より良かったのは「書いてみて改めて、大勢の人に支えながらやってこれたのだと、心から感謝することができました」