HOME 本作りの種類 > 社史・記念誌

 

未来を拓く「社史・記念誌」 

 会社の歴史を辿り、未来を拓く

 

 社史や記念誌は、歴史を振り返るため

 だけのものと思っていませんか?

 

 会社や団体の社史・記念誌を発行することの意義が見直されています。ひと昔前では、重くて分厚い記念誌をつくることが自慢のような時代もありましたが、今では価

値観が変わっているようです。文字や資料ばかりで誰にも読まれない記念誌は、歴史

の記録としての価値はありますが、歴史を振り返るだけではもったいないと思いませ

んか。一冊の社史・記念誌には、もっと多くの魅力と可能性が秘められています。

 アニバ出版がつくる社史・記念誌は、歴史を振り返りつつ、現在会社や団体はどう

あるのか、その実際を取材して文章と写真で表現します。そこで作られた商品の写真

毎日そこで働く人々の笑顔、関係者の皆さん、社内の日々の風景を掲載することによ

って、社内がひとつになり「この会社で働いてよかった」と誇りを感じてもらえます。

そんな現在の姿こそが、大切な歴史のワンシーンであるはずです。

 

 まずは社内に編集委員会を作っていただき、一緒になって歴史を紐解くと同時に、

取材活動を進めます。過去から現在の強みや傾向を良く知り分析することによって、

明るい未来に向かって前進することができることでしょう。

 

 

 

《社史・周年記念誌一覧》

たまき青空病院グループ

創立70周年記念誌

公益社団法人徳島県宅地建物取引業協会

創立50周年記念誌