【企画協力のお願い】徳島の思い出・大募集!

こんにちは! アニバ出版スタッフの「よね」です!

最近、身の回りで風邪やインフルエンザにかかった人が増えてきました(;゜ロ゜)

手洗い・うがいなどでしっかり予防して、寒い冬を乗り切りたいところです。

 

 

さて、本日は当ブログをご覧くださっている皆様に、当社企画へのご協力をお願いしたいと思います。

題して、

「教えて! あなたの『思い出の徳島』」

さっそく、企画についてご説明します。

 

現在、アニバ出版では「徳島の昭和〜平成の歴史を振りかえる」というプロジェクトに取り組んでいます。

その中で、「徳島で昭和から平成を過ごした方々に、昔の徳島について一言コラムを投稿してもらおう!」という企画が立ち上がりました。

 

一言コラムといっても、「上手な文章を書かなきゃダメ!」なんてことはありません!

 

「〇〇公園の桜の木は50年前から立派だった」

「昭和XX年ごろ、△△町のあたりには賑やかな商店街があった」

「徳島で□□な出来事があった時、私の周りにはこんな影響があった」

 

……などなど、皆様の心に残っている「なつかしい徳島の情景・思い出」を教えていただきたいんです。

新聞のニュースにはなっていなくても、忘れられない・次の時代に伝えたい「歴史」を、ご自身の言葉で残してみませんか?

 

以下、投稿要項です。

 

【テーマ】「懐かしい徳島の情景・思い出」に関するエピソード(30〜60字程度)

【投稿方法】メールに「誕生年(昭和XX年など)」・「お名前(ペンネーム可)」・「エピソード」を記載の上、アニバ出版(info@aniva.jp)までお送りください。

【応募期間】〜2019年冬

 

皆様の投稿、お待ちしています!!

 

 

 

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

おかげさまで、アニバ出版のスタッフ一同、明るい年を迎えられました。

 

平成が終わり、新しい時代が始まる2019年。

日本が一つの節目を迎える本年は、自分史・記念誌制作に取り掛かる絶好の機会です。

「自分の半生を綴って自叙伝を出版したい」

「会社・団体の歴史を記録した記念誌を発行したい」

このようなご希望がございましたら、ぜひアニバ出版にお気軽にご連絡くださいませ。

2019年も、皆様のお気持ちに寄り添った「記憶に残る記録」の制作のために、スタッフ一同で邁進してまいります。

 

本年も変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

※※※

【スタッフ・よねのひとりごと】

あけましておめでとうございます! アニバ出版スタッフのよねです。

 

皆さんは今年の目標って決められましたか?

私の2019年の抱負は、ずばり「できることを増やす!」です。

仕事でもプライベートでも、今まで尻込みしていたり手をつけられなかったりで「できなかったこと」に挑戦して、新しいことを一つでも多くできるようになれたらいいなと思っています。

 

2019年が皆様にとって素晴らしい一年になることを心よりお祈りいたしております。

改めまして、本年もよろしくお願いいたします!

『阿波スピンドル株式会社 創業150周年記念誌』完成しました!

アニバ出版スタッフのよねです!

平成最後の年の瀬を迎え、一段と冷え込みを感じる今日この頃。

お昼に食べたラーメンの温かさが身にしみました。

 私事はさておき、本日は当社が編集をお手伝いさせていただいた記念誌のご紹介です。

 

ご紹介するのは『阿波スピンドル株式会社 創業150周年記念誌』。

阿波スピンドル株式会社は、明治元年の創業以来、紡績業に欠かせない「スピンドル」製作を中心に、高い技術力を生かして常に未来志向のものづくりを続けてきました。

150年の歴史をふりかえると同時に、現在阿波スピンドルで製造している製品や部門紹介など、未来につながる「今」の姿を記録した記念誌となっています。

また、社員の皆様にご協力いただき、貴重な写真や公募寄稿文、OBの皆様の座談会など、充実した誌面をつくることができました。

 

このたびは、150周年という大きな節目に、記念誌編集・制作という形で関わらせていただき、大変光栄に思っております。

阿波スピンドルの皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました!

美馬マサ子先生『笑顔の花咲かせて』のご紹介です!

こんにちは、アニバ出版スタッフよねです。

今回の記事では、美馬マサ子さん著「コアフィールみま創業50周年記念誌『笑顔の花 咲かせて』」をご紹介いたします!

 

美馬先生は、県内各地で美容院を経営されている「コアフィールみま」の創業者で、今は取締役会長をなさっています。

21歳の若さでご自分の美容院を開業して以来、美容師としてのみならず、幅広い分野で事業を手掛け、「人を幸せにしたい」という気持ちで走り続けてこられました。

本書は、美容師を目指すきっかけとなった少女時代の思い出から、ご自分のお店を発展させていく過程、試練を乗り越えながらさまざまなビジネスに挑戦される姿などが、いきいきと綴られた自叙伝となっています。

また、巻頭カラー口絵には、美馬先生によるブライダルヘアメイクの写真がたくさん掲載されており、その美しさに思わずウットリしてしまいました。

 

読む人を元気にしてくれる素敵な一冊ができあがりました。

関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

ブログリニューアルしました!

はじめまして、アニバ出版スタッフの「よね」と申します!

 

このたび、アニバ出版のことをもっと身近に感じていただくために、

ブログをリニューアルすることにいたしました。

 

と言っても、変わったのはタイトルくらいですが……(笑)

 

今後は、当社出版物のご紹介や日々のちょっとした出来事など、

今まで以上にいろんなことをお伝えしていけたらと思います。

 

改めて、よろしくお願いいたします!

ほのぼの水彩画「山内茂昭絵画集」

徳島銀行創業100周年を記念して

創業記念日の3月3日~4日、

徳島銀行研修会館にて、文化部展が開催されました。

その中で、展示された山内茂昭さん(徳島県信用保証協会専務理事)の

徳島の景色を描いた透明水彩画の数々。

ほのぼのした水彩画は、観る人の心を温かくしてくれます。

そんな出展作品を、1冊の小冊子にまとめさせていただきました。

原画を観たあと、この冊子で、いつまでも感動を思い出すことができますね。

制作については、やさしい作品が引き立つように、

デザインはしすぎないよう工夫しました。

100周年の記念日に、アニバ出版も参加させていただき光栄です。

徳島県宅地建物取引業協会               創立50周年記念誌が完成しました

公益社団法人 徳島宅地建物取引業協会
創立50周年記念誌が完成しました!

関係者の皆さま、大変お世話になりました。

誌面には、創立50周年式典の様子や、役員の皆さまの座談会など

躍動的な記事が続いています。

また、会員の皆さまの今までの貴重な活動がしっかりと記録されています。
ご協力いただき、本当にありがとうございました!

事務局として、

記念誌制作の担当をしてくださった鹿島様、

本当にお世話になりありがとうございました!

感謝です。

2018年、明けましておめでとうございます。

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。
本年も、皆様に喜んでいただける本作りに努力してまいりますので、

ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

写真は、小松海岸(徳島市川内町)の初日の出です。

水平線から出る瞬間は、名物「だるま朝日」でしたよ。

新年早々、清々しい空気とともに、初日の出のパワーを頂きました。

今年もアニバ出版を、よろしくお願いいたします。

たまき青空病院グループ開院70周年記念誌が出来上がりました!

田蒔理事長を中心に一丸となって地域医療に真摯に向き合っているグループの皆さん、
そして、70年の歴史が貴重な一冊の記念誌になりました。


写真は田蒔理事長と田蒔常務、納品させて頂いたときの喜びのツーショットです。
(もう1枚は、担当していただいた梶本統括本部長と、私も一緒に)

取材や撮影を通して、ここで働くスタッフの皆さんが、
いきいきと働いている様子にとても感銘を受けました。
すてきな記念誌ですよ!

徳島ビジネスチャレンジメッセ2017

アスティとくしまで「徳島ビジネスチャレンジメッセ2017」が始まりました。
徳島ニュービジネス協議会の主催です。
アニバ出版もブースの出展をして、
「自叙伝や記念誌を作りたい方、パンフレットも作りますよ~」
事業PRがんばりました。

【企画協力のお願い】徳島の思い出・大募集!

こんにちは! アニバ出版スタッフの「よね」です!

最近、身の回りで風邪やインフルエンザにかかった人が増えてきました(;゜ロ゜)

手洗い・うがいなどでしっかり予防して、寒い冬を乗り切りたいところです。

 

 

さて、本日は当ブログをご覧くださっている皆様に、当社企画へのご協力をお願いしたいと思います。

題して、

「教えて! あなたの『思い出の徳島』」

さっそく、企画についてご説明します。

 

現在、アニバ出版では「徳島の昭和〜平成の歴史を振りかえる」というプロジェクトに取り組んでいます。

その中で、「徳島で昭和から平成を過ごした方々に、昔の徳島について一言コラムを投稿してもらおう!」という企画が立ち上がりました。

 

一言コラムといっても、「上手な文章を書かなきゃダメ!」なんてことはありません!

 

「〇〇公園の桜の木は50年前から立派だった」

「昭和XX年ごろ、△△町のあたりには賑やかな商店街があった」

「徳島で□□な出来事があった時、私の周りにはこんな影響があった」

 

……などなど、皆様の心に残っている「なつかしい徳島の情景・思い出」を教えていただきたいんです。

新聞のニュースにはなっていなくても、忘れられない・次の時代に伝えたい「歴史」を、ご自身の言葉で残してみませんか?

 

以下、投稿要項です。

 

【テーマ】「懐かしい徳島の情景・思い出」に関するエピソード(30〜60字程度)

【投稿方法】メールに「誕生年(昭和XX年など)」・「お名前(ペンネーム可)」・「エピソード」を記載の上、アニバ出版(info@aniva.jp)までお送りください。

【応募期間】〜2019年冬

 

皆様の投稿、お待ちしています!!

 

 

 

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

おかげさまで、アニバ出版のスタッフ一同、明るい年を迎えられました。

 

平成が終わり、新しい時代が始まる2019年。

日本が一つの節目を迎える本年は、自分史・記念誌制作に取り掛かる絶好の機会です。

「自分の半生を綴って自叙伝を出版したい」

「会社・団体の歴史を記録した記念誌を発行したい」

このようなご希望がございましたら、ぜひアニバ出版にお気軽にご連絡くださいませ。

2019年も、皆様のお気持ちに寄り添った「記憶に残る記録」の制作のために、スタッフ一同で邁進してまいります。

 

本年も変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

※※※

【スタッフ・よねのひとりごと】

あけましておめでとうございます! アニバ出版スタッフのよねです。

 

皆さんは今年の目標って決められましたか?

私の2019年の抱負は、ずばり「できることを増やす!」です。

仕事でもプライベートでも、今まで尻込みしていたり手をつけられなかったりで「できなかったこと」に挑戦して、新しいことを一つでも多くできるようになれたらいいなと思っています。

 

2019年が皆様にとって素晴らしい一年になることを心よりお祈りいたしております。

改めまして、本年もよろしくお願いいたします!

『阿波スピンドル株式会社 創業150周年記念誌』完成しました!

アニバ出版スタッフのよねです!

平成最後の年の瀬を迎え、一段と冷え込みを感じる今日この頃。

お昼に食べたラーメンの温かさが身にしみました。

 私事はさておき、本日は当社が編集をお手伝いさせていただいた記念誌のご紹介です。

 

ご紹介するのは『阿波スピンドル株式会社 創業150周年記念誌』。

阿波スピンドル株式会社は、明治元年の創業以来、紡績業に欠かせない「スピンドル」製作を中心に、高い技術力を生かして常に未来志向のものづくりを続けてきました。

150年の歴史をふりかえると同時に、現在阿波スピンドルで製造している製品や部門紹介など、未来につながる「今」の姿を記録した記念誌となっています。

また、社員の皆様にご協力いただき、貴重な写真や公募寄稿文、OBの皆様の座談会など、充実した誌面をつくることができました。

 

このたびは、150周年という大きな節目に、記念誌編集・制作という形で関わらせていただき、大変光栄に思っております。

阿波スピンドルの皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました!

美馬マサ子先生『笑顔の花咲かせて』のご紹介です!

こんにちは、アニバ出版スタッフよねです。

今回の記事では、美馬マサ子さん著「コアフィールみま創業50周年記念誌『笑顔の花 咲かせて』」をご紹介いたします!

 

美馬先生は、県内各地で美容院を経営されている「コアフィールみま」の創業者で、今は取締役会長をなさっています。

21歳の若さでご自分の美容院を開業して以来、美容師としてのみならず、幅広い分野で事業を手掛け、「人を幸せにしたい」という気持ちで走り続けてこられました。

本書は、美容師を目指すきっかけとなった少女時代の思い出から、ご自分のお店を発展させていく過程、試練を乗り越えながらさまざまなビジネスに挑戦される姿などが、いきいきと綴られた自叙伝となっています。

また、巻頭カラー口絵には、美馬先生によるブライダルヘアメイクの写真がたくさん掲載されており、その美しさに思わずウットリしてしまいました。

 

読む人を元気にしてくれる素敵な一冊ができあがりました。

関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

ブログリニューアルしました!

はじめまして、アニバ出版スタッフの「よね」と申します!

 

このたび、アニバ出版のことをもっと身近に感じていただくために、

ブログをリニューアルすることにいたしました。

 

と言っても、変わったのはタイトルくらいですが……(笑)

 

今後は、当社出版物のご紹介や日々のちょっとした出来事など、

今まで以上にいろんなことをお伝えしていけたらと思います。

 

改めて、よろしくお願いいたします!

ほのぼの水彩画「山内茂昭絵画集」

徳島銀行創業100周年を記念して

創業記念日の3月3日~4日、

徳島銀行研修会館にて、文化部展が開催されました。

その中で、展示された山内茂昭さん(徳島県信用保証協会専務理事)の

徳島の景色を描いた透明水彩画の数々。

ほのぼのした水彩画は、観る人の心を温かくしてくれます。

そんな出展作品を、1冊の小冊子にまとめさせていただきました。

原画を観たあと、この冊子で、いつまでも感動を思い出すことができますね。

制作については、やさしい作品が引き立つように、

デザインはしすぎないよう工夫しました。

100周年の記念日に、アニバ出版も参加させていただき光栄です。

徳島県宅地建物取引業協会               創立50周年記念誌が完成しました

公益社団法人 徳島宅地建物取引業協会
創立50周年記念誌が完成しました!

関係者の皆さま、大変お世話になりました。

誌面には、創立50周年式典の様子や、役員の皆さまの座談会など

躍動的な記事が続いています。

また、会員の皆さまの今までの貴重な活動がしっかりと記録されています。
ご協力いただき、本当にありがとうございました!

事務局として、

記念誌制作の担当をしてくださった鹿島様、

本当にお世話になりありがとうございました!

感謝です。

2018年、明けましておめでとうございます。

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。
本年も、皆様に喜んでいただける本作りに努力してまいりますので、

ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

写真は、小松海岸(徳島市川内町)の初日の出です。

水平線から出る瞬間は、名物「だるま朝日」でしたよ。

新年早々、清々しい空気とともに、初日の出のパワーを頂きました。

今年もアニバ出版を、よろしくお願いいたします。

たまき青空病院グループ開院70周年記念誌が出来上がりました!

田蒔理事長を中心に一丸となって地域医療に真摯に向き合っているグループの皆さん、
そして、70年の歴史が貴重な一冊の記念誌になりました。


写真は田蒔理事長と田蒔常務、納品させて頂いたときの喜びのツーショットです。
(もう1枚は、担当していただいた梶本統括本部長と、私も一緒に)

取材や撮影を通して、ここで働くスタッフの皆さんが、
いきいきと働いている様子にとても感銘を受けました。
すてきな記念誌ですよ!

徳島ビジネスチャレンジメッセ2017

アスティとくしまで「徳島ビジネスチャレンジメッセ2017」が始まりました。
徳島ニュービジネス協議会の主催です。
アニバ出版もブースの出展をして、
「自叙伝や記念誌を作りたい方、パンフレットも作りますよ~」
事業PRがんばりました。

『大河のひと花』がベストセラー第1位に!

なんと!三木玲子さん著『大河のひと花』がベストセラー第1位に!
紀伊國屋書店徳島店の発表で読売新聞(9月15日)に掲載されていました!
アニバ出版の名も、新潮社よりも小学館よりも…トップに輝いているではありませんか♪
元徳島市長・三木俊治さんと共に歩んだ三木玲子さん。
徳島を愛するご家族のストーリー。
『大河のひと花』のお求めは、県内の主要書店(平惣、宮脇、紀伊國屋)とAmazonにて。

「とくしま上板熱中小学校」すごい熱気!

「とくしま上板熱中小学校」で「自分史づくり」の講師をしました。
上板町「技の館」に、100人以上の元気な熱中小学生(?)が集合(ま、若い人は少なめだったけど…)、
私の他には、東京から「動画力」の中村寛治先生、
富山から住職の四津谷道宏先生、
素晴らしい講師さんと、とにかく熱い生徒の皆さんでした!!
夢中になれるって、いいですね。

『大河のひと花』出版記念パーティー

三木玲子さん著『大河のひと花』出版記念パーティーが、
新町川水際公園のボート乗り場で行われました。
水際公園は爽やかな秋風が吹いていて、ほんとーに気持ち良かったです。
たくさんの皆さんが参加して、とっても感動的な出版記念パーティーとなりました。
出版本当におめでとうございます!
『大河のひと花』のお求めは、県内の主要書店(平惣、宮脇、紀伊國屋)とAmazonにて。

三木玲子さんの著書『大河のひと花』出来上がりました!

三木玲子さんの著書『大河のひと花』が出版となりました♪
元徳島市長、三木俊治氏と共に歩んだ珠玉の家族史であり、

お二人のラブストーリーとも言えます。
4人のお子様(睦子さん、康弘さん、富士彦さん、千佳子さん)の

成長の様子や家族写真、心温まるメッセージにも注目です。

第2部は寄稿文「三木俊治の思い出」となっていて、

37名から寄せられた熱い思いは、徳島の歴史の貴重な記録と言えます!
著者の父は戦艦「武蔵」の艦長・古村啓蔵氏、

祖父は戦艦「長門」の艦長・飯田延太郎氏(徳島出身)というのもスゴイです。

本づくりを通して、三木玲子さんを始め、ご家族の皆さんに本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

『大河のひと花』書店に並びました

三木玲子さん著『大河のひと花』明日発行日です。

徳島県内の書店さんに本が並びました!

平惣書店沖浜店(写真)、紀伊國屋書店徳島駅前(そごう)、宮脇書店徳島本店(マルナカ)

でお買い求めくださいね。

 

渋沢栄一賞受賞の祝賀会

 林香与子さん(マルハ物産会長)、

四国初の渋沢栄一賞受賞おめでとうございます!
ホテルクレメント徳島にて、徳島の経済界による祝賀会が盛大に開催されました。
私は記念品を贈るお手伝いさせていただきました。

ステキな藍染作家さんの作品を贈りましたよ♪

0 コメント

藍で徳島を盛り上げる提案

徳島経済同友会から飯泉知事に「藍で徳島を盛り上げる提案」をしたところ、
多くの皆さんから「ニュース見たよ」の反響をいただきました!
7月24日の「とくしま藍の日」に向けて、徳島を藍で盛り上げて行きたいですね。

0 コメント

NHK『ニュースシブ5時』出演

NHK『ニュースシブ5時』に少しだけ出演しました。
16時50分からのニュース番組で、15分間も徳島県が紹介されたんです。
私は、女性経営者が多いというところで、登場させていただきました!

0 コメント

ロータリークラブの卓話

徳島中央ロータリークラブの卓話に呼んで頂きました。
大先輩の皆さんの前で…緊張しましたが、アニバ出版への思いをしっかり語ってきました!

 

0 コメント

YouTube番組にゲスト出演

『週刊YouTube徳島』というYouTubeの番組にゲストとして出演させていただきました。
あわわのことはもちろん、アニバ出版では「ひとつの人生に、一冊の本を」をミッションに、より多くの人が自分史を作れるように頑張っている…と、本作りにかける思いを話してきました。

 

0 コメント

2017年、                明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

「ひとつの人生に、

    一冊の本を」

 皆さまに本づくりの楽しさを提供したい、との一心でスタートしたアニバ出版も今春で5周年を迎えます。その間すてきなお客様に恵まれて、心のこもった本や記念誌・パンフレット等を作らせて頂きました。

 もっともっと工夫したいことはたくさんありますが、本が出来あがった時のお客様の喜びは、どこの会社にも負けないと自負しています。

 これからも、ひとりひとりのお客様の気持ちと共に、高品質で温かい本づくりに専念してまいります。皆さののご支援、ご愛顧をよろしくお願い致します。



0 コメント

経営者の皆さんからもお薦めです

三和電業グループ・山地真人社長の著書

『中小工事会社が激動期を生き抜いたエキス』(アニバ出版)が発行となりました。
徳島の経営者の皆さんが「推薦します!」ポーズをしてくれましたよ。
西社長、三木社長、松浦社長、安宅社長、前田社長、
有吉支店長、西川社長、平野社長、ありがとうございました!

そして、著者のご長男・山地副社長も、もちろん笑顔でお薦めです!

0 コメント

『中小工事会社が激動期を生き抜いたエキス』 出版です

お待たせしました!
三和電業グループ・山地真人社長の著書

『中小工事会社が激動期を生き抜いたエキス』(アニバ出版)が出版となりました。
香川県・徳島県から全国~中国へと展開する三和が、

会社成長の過程で襲われた「試練」と乗り越えた「歓び」が詰まった一冊。
日々戦う経営者や幹部、また業界で働く若い人にもぜひ読んでほしいビジネス新書です。

総216ページ・定価(800円+税)
著者は2014年、稲盛和夫氏から稲盛経営者賞を受賞していますよ。

ご購入はAmazonで、こちらから。



0 コメント

スタッフの皆さん、お花ありがとうございます!

クラッシーのスタッフの皆さんから、お花が届きました。

そして、寄せ書きが添えられていました。

本づくりはほんと~に大変だったけど

完成したときの歓びはさらに大きいものです。

みなさん、ありがとうございました!感謝感激です。

0 コメント

素敵な出版記念パーティーでした

株式会社クラッシーの30周年記念として

植田貴世子さん著『暮らし上手は幸せ上手』の

出版を祝う会が、パシフィックハーバーで開催されました。

素敵な人が集う、とても華やかで楽しいパーティーでしたよ!

0 コメント

『暮らし上手は幸せ上手』出版です

植田貴世子さん(クラッシー社長)の本『暮らし上手は幸せ上手』(アニバ出版)。
平惣書店徳島店(沖浜)、紀伊國屋書店徳島そごう店、

宮脇書店徳島本店(西新浜マルナカ)で発売となりました。
徳島の女性起業家として、クラッシーのサービスを徳島・神戸大阪・

名古屋・東京とエリア拡大。
その挑戦の物語をぜひ読んでくださいね。

1200円+税

Amazonでも予約受付中 http://ur0.pw/yz5s 

0 コメント

あわわ「now」の取材

あわわ発行のシニア情報誌「now」のヒアリングということで
スタッフの松富くんが取材してくれました。
写真、きれいに撮ってくださいね~。
9月24日発行号に載ります。
お楽しみに!

0 コメント

女性が活躍できる徳島めざして

0 コメント

徳島の夏は阿波踊り!

今年の阿波踊りは、3日間も踊り出しました。
12日は「あわわ連」で。

13日は友人の「モンドジャコモ連」で。
また、15日は「徳島ヴォルティス連」で踊ってとっても楽しかったです。
やっぱり、徳島の夏は阿波踊りですね!

0 コメント

米子市にて盛和塾塾長例会

私は、盛和塾という稲盛和夫塾長の経営塾の塾生です。
今日は、山陰の米子市で塾長例会があって徳島塾生と共に訪れました。
今回は壇上で謝辞を述べるという大役をいただきました。

大変緊張しましたが、良い経験となりました。

お陰で稲盛塾長との写真撮影も叶いとても光栄です。

0 コメント